入れ歯とブリッジの違い

東京都武蔵野市 内山歯科医院
院長・医学博士 内山博人

歯を失ってしまった場合、
その欠損部分をどう補うか

 

 

不幸にも歯を失ってしまった場合、その欠損部分をどう補うか、悩ましい問題が存在します。治療法の選択肢として大きく分けて

「入れ歯」と「ブリッジ」の2つの選択肢

があります。
今回はそれぞれのメリット、デメリットについてお話したいと思います。

 

<入れ歯のメリット、デメリット>

 

入れ歯は失った歯の両隣の歯に金具を引っ掛けることにより、外れないように維持する装置です。最大のメリットは残っている歯を削ったりしないため、低侵襲の治療が可能で「健康な歯を触りたくない」「天然歯を自然なまま残したい」という希望の患者さんには適した治療法です。

反面デメリットとしてはやはり着脱式のため、慣れるまで口腔内に異物感があること、お手入れがやや煩雑であること、金具をかける歯に少なからず負担がかかり、時にその寿命を縮めてしまうことがあげられます。

 

<ブリッジのメリット、デメリット>

ブリッジとは失った歯の両隣の歯を土台として被せる固定式(着脱の必要がない)の装置です。最大のメリットは装着してしまえば、外す必要がないため、そこにかつて歯があった時と同じような感覚で咬めることができる点にあります。

反面デメリットとしては、土台となる歯に対して被せるために削らなくてはならないことがあげられます。まったく虫歯になったことのない健康な天然歯を削らなければならないこともあります。

<入れ歯とブリッジの違いについてのまとめ>

この2つの治療法を選択する際のキーポイントは

「患者さんが何を一番に優先したいか?」

であると思います。

違和感なく歯があった時と同じように咬めることを最優先に考えるならば「ブリッジ」となります。
多少不便でもご自身の健康な歯を削ったり手をつけたくないという方は結構いらっしゃいます。その場合は「入れ歯」が選択肢となります。

もし迷われた時は最初は入れ歯にしてみるのも一つの手です。残っている歯を削らないため口腔内の環境をそのまま維持することが可能です。入れ歯にしてみてどうしても異物感に馴染めなかったり、着脱に煩わしさを感じたりする場合、そこからブリッジに治療法を変えることは可能だからです。
反対にブリッジを先に行ってしまいますと、歯を削ってしまうため元の状態に戻すことはできません。ブリッジを行ったあとに「やっぱり入れ歯がいいから、元にもどしてください」ということはできないからです。

保険外治療になりますが、金具を使用しない目立たない入れ歯というものも存在します。


入れ歯がブリッジでお悩みの方はお気軽に是非ご相談ください。

 

<関連情報:入れ歯の違い> 

 

東京都武蔵野市 内山歯科医院

院長・医学博士 内山博人

 

 

PAGE TOP