一般歯科

虫歯の治療

痛みの少ない治療を目指して

・痛い治療にならないかな?

・たくさん歯を削られないかな?

・何も言わず、歯を抜かれるんじゃないかな?

そんな想いを持たれてはいないでしょうか。
吉祥寺・西荻窪・三鷹台の3駅利用可の内山歯科医院では、最小限で負担を少なく、痛くない治療を心掛け診療を行っております。

「痛くない」歯科治療のために当医院が行う治療のポイント

① 電動麻酔注射を使用

虫歯治療では、麻酔を使用します。ですが、麻酔の痛みを心配される患者様もいらっしゃるかと思います。
当医院では、注入速度をコントロールできる電動自動麻酔注入器を使用しています。麻酔の痛みは主に、注射する際の速度と圧が原因です。これを電動麻酔を利用することで、時間をかけながらゆっくりと麻酔液を自動注入する事が可能になります。それにより痛みを軽減した治療を行うことができます。

 

② 表面麻酔

表面麻酔とは歯肉の表面に塗布する塗り薬による麻酔です。麻酔や虫歯治療が痛いという原因の一つとして、処置前にこの表面麻酔を実施していないことがあげられます。表面麻酔を歯肉にしみこませてから麻酔液を注射することで、痛みをかなり軽減することができます。

当医院が重視していること

患者様が不安になることは、単に痛みだけではないかと思います。

・しっかりと先生は話を聞いてくれるかな?
・怖い先生かな?
・ちゃんと相談して、治療をすすめてくれるかな?

そのような想いで来院を考えられているとおもいます。
内山歯科医院は、そのようなお悩みを解消するためカウンセリングを重視した歯科医院を目指しています。

①カウンセリングを実施しています。

痛みの基である主訴だけでなく、それ以外のお困りのことや、これまでの通院歴、気になると、今後の治療において不安であることを専門のスタッフが聞かせていただきます。

 

②検査の結果から、必要な虫歯のみ治療します。

虫歯は初期の状態のものであれば再石灰化(いわゆる自然治癒)するケースや、小さな虫歯の場合は削ることで、歯にかえってダメージを与えてしまう場合があります。こうしたケースではあえて削らずに様子を見て、全体的なチェックも含めて4ヶ月ごとの検診をお勧めしています。

最後に 院長 内山博人より

内山歯科医院では、痛みをできるだけ抑え、抜かない治療を心掛けています。
それだけではなくお口の現状を分析して、これからの未来のお口の状態がどのようになっていくかをご提案し、一緒に豊かな人生を歩んでいける関係でありたいと思っています。痛みがある歯だけに要因があるのではなく、その他の歯や、咬み合わせが原因となるケースもあります。だからこそ、お口全体を診断し、患者様とのご相談の中で最適な治療計画をたてて治療を行いたいと思っております。是非、歯に関するお悩み・ご相談がある場合は当医院にご相談ください。

PAGE TOP