一般歯科

入れ歯の治療

当院では歯を極力抜かないで保存することを治療の第一目的に処置しておりますが、不幸にも歯の寿命が訪れれば抜歯になります。またダメな歯を無理に残すことで、周囲の健康な歯に悪影響を与えると判断した場合も抜歯になります。歯を喪失しそのまま放置すると、残った歯に過剰な力がかかり、結果的にこれら残存歯の寿命も短くなるため、何らかの方法で失った歯の機能を回復させる処置が必要になります。入れ歯はその典型的な方法ですが、色々な種類があるため個々の患者さん最適な方法をご説明し、治療方針を決定します。

PAGE TOP