一般歯科

妊娠中、授乳中の患者さんの歯科治療

安心して治療を受けるために

歯が痛くなったり歯肉が腫れたりした場合、通常でしたら悪くなった歯そのものの処置に加えて、麻酔の注射、痛み止めや腫れを抑える抗生剤などを飲むことにより効果的な処置ができます。ところが妊娠中はこのお薬の力を借りることに制限がでてきてしまいます(歯科治療の行為そのものはそれほど影響ありませんが)。レントゲンの検査などもその影響はほとんどないとはいえ、患者さんの心情的にはできれば避けたいというお気持ちもあるかと思います。基本的に妊娠中に100%安全が確立されているお薬はありません。また授乳中でもお母さんが飲んだお薬の数%が母乳に移行するといわれています。このようにお薬の使い方に制限があるため、妊娠中に歯が痛み出した場合や、歯の治療後に生じた痛みをある程度我慢しなければならないこともあります。(妊娠中や授乳中は絶対にお薬が使用できないというわけではなく、必要な場合は比較的安全とされている薬剤を使用することもあります)妊娠が判明した時点で一度歯科を受診してチェックを受けることをお勧めします(区市町村によって妊婦の歯科検診を無料で行っているところもあります)。

PAGE TOP