入れ歯で食事を楽しむために

東京都武蔵野市吉祥寺 内山歯科医院

院長・医学博士 内山博人

https://uchiyama-dental.net/doctor/

 

皆さん、こんにちは

内山歯科医院の内山です。

 

今日は、「入れ歯で食事を楽しむために」といった内容でお話したいと思います。

 

せっかく入れ歯を作っても馴染めずに、いつのまに外している時間の方が長くなり、そのままお蔵入りしてしまう方がけっこういらっしゃいます。当院に初めていらっしゃる患者さんのお口の中を拝見する際に、明らかに入れ歯の装着が必要な患者さんでも「前に作ったことあるけれど、結局使わなくなってしまったのよね」とおっしゃる方も一定数いらっしゃいます。

 

せっかく食事をしやすく、楽しみやすくするための入れ歯が、帰って煩わしいものとなりお蔵入りしてしまうことに、よそで作られた入れ歯といえども同じ歯科医師として罪悪感と申し訳ない気持ちを少々感じてしまう瞬間でもあります。

 

どのような方がせっかく作られた入れ歯を装着しなくなってしまうのかというと、失われた歯の本数がそれほど多くない患者さんほど、使わなくなってしまう傾向が高いと思われます。その理由として多くの歯の欠損がある患者さんは、入れ歯を装着しないとイヤでも食事ができないため、装着せざるをえません。ところが、失われた本数がそれほど多くないと多少の不便さはあるものの入れ歯なしでも食事ができてしまうために、歯の本数が多少減った不便さと、入れ歯の装着感の不便さを天秤にかけた場合、入れ歯の煩わしさの方が勝ってしまい、結局入れ歯なしで食事をしてしまい、ずるずるとそのまませっかく作製した入れ歯を使わなくなってしまうわけです。

 

実際に数本の歯を喪失しても食事はできてしまうのですが、この欠損した部分を放置してしまうと、長い目でみて色々と不都合な事が起こってくることがあります。歯を喪失したスペースに向かって残った歯が傾いてきて、歯並びが狂ってきてしまうのです。下の歯を喪失すると、その空いたスペースに相当する上の歯が落ちてきてしまったり、その逆に上の歯を喪失すると下の歯が浮き上がってきたりしもます。そのように本来の歯の位置と異なった歯並びになるのは短期間で起こるのではなく、時間をかけてジワジワとお口の中で変化していくのですが、患者さんご自身はその自覚がないまま歯並びが狂ってゆきます。そうこうするうちに他の歯も悪くなり更に抜歯するような状況になり、いよいよ本当に入れ歯を装着しなければならなくなった時に、、、、、歯の位置が狂ってしまったため、入れ歯を入れるために歯の形や位置を修正するために、本来であれば必要でなかった歯の被せものをしなければならなくなったり、歯を削らなければならなくなったりすることもあります。

 

そのようなことにならないためにも、やはり入れ歯は例え失った本数が少ない時も、できる限り装着したほうが望ましいといえます。

 

新しく作った入れ歯がなかなか慣れない時、最初から1日中装着しようとは思わずに、少しずつ装着時間を増やしていくやり方もその一つです。例えば「最初は昼食の時だけは必ず入れ歯で食べるようにする」それができるようになれば「朝食と昼食の時だけ入れ歯を装着する」それに慣れたら「朝、昼、夕食時のみ装着する」。その後のステップとしては「食事と食事の間の時間も装着してみる」ようにするのです。「朝食から昼食が終わるまでの時間は装着している、そのあとは外して、夕飯の時再び装着する」ここまでのステップを踏めれば、あとはもう「朝から晩まで装着している」という状態に進めます。

 

入れ歯がイヤになって美味しく食事ができないと感じてしまう方の大部分は、この最初に装着に慣れるまでの段階で挫折されてしまう方が多いと思います。最初から完璧に装着しようと思うのではなく、ライトな気持ちでまずは「1日のうちの1食だけ」という使用方法から是非トライしてみてください。

 

 

 

まとめ

入れ歯で食事を楽しむために

 

  • せっかく作製した入れ歯を使わなくなってしまう方の大半は、歯の欠損本数が少ない方に多い傾向があります。
  • このような方は実際入れ歯を装着しなくても食事ができてしまうので、欠損した状態を結果的に放置した状態になります。
  • 歯を喪失してできたスペースを放置すると、歯が傾いてきて歯並びが狂ってくることがあります。
  • 新しく作製した入れ歯は最初から1日中装着しようとは思わずに、最初は「1日のうちの1食」からスタートし、徐々に装着時間を増やしていくやり方を試してみてください

 

 

今回は、「入れ歯で食事を楽しむために」についてお話をさせていただきました。

 

内山歯科医院では、患者様に丁寧な説明と患者様の悩みやご要望を聞きながら、治療を進めている歯科医院です。

 

何か困ったことあれば、いつでもご相談ください。

 

東京都武蔵野市 内山歯科医院

院長・医学博士 内山博人

https://uchiyama-dental.net/doctor/

 

 

関連記事

  1. 入れ歯のお悩みについて

  2. 入れ歯とインプラントの違い

  3. もし入れ歯が壊れたら?自分でくっつけないでください

  4. 入れ歯とブリッジの違い

  5. 入れ歯が作り直しにならないために

  6. 入れ歯のお手入れと口腔ケアについて

PAGE TOP