持病をお持ちの方

有病者歯科治療について

はじめに


医学の進歩とともに人間の寿命は大きく延びましたが、年齢を重ねるごとに、いわゆる「持病」ともつきあわなければならなくなり、何らかのお薬を毎日飲まれる方も多くなりました。この「持病」は程度の低いものから大きいものまで様々あり、代表的なものでは高血圧症などがあげられます。こうした「持病」をお持ちの方を医学用語で「有病者」と定義しますが、この「持病」の中には歯科治療を行う上で、特別な注意や制限がある場合が多くあります。心臓や腎臓、脳に疾患のある方は特に注意が必要なことが多く、通常なら大学病院で歯科処置を受けるようなケースでも、当院で対応できる治療体制を整えております(その中で特に安全面を考慮しなければならないケースに関しては、必要に応じて当院との連携病院である東京女子医科大学病院、東京歯科大学病院、武蔵野赤十字病院へ直接紹介することも可能です)。以下に代表的な全身疾患とそれに関連した歯科治療時の注意事項を説明しております。

PAGE TOP